コンビニ

ミニストップで使えるコード決済

ミニストップ

最新情報

ミニストップでは、2020年1月6日から、「ホットコーヒーSサイズ」と「アメリカンコーヒーSサイズ」が税抜80円(税込86円)で提供されています(これまでは税抜93円)。
2019年7月からは、おにぎりが毎日税抜100円(税込108円)で販売されるようになるなど、いつでもおトクな商品が増えています。
(税込価格は持ち帰り時の軽減税率の場合)

コード決済(スマホ決済)

コンビニのミニストップで使えるコード決済は、以下の通りです。
(2020年4月3日現在)

・LINE Pay(ラインペイ)
・楽天ペイ(1回あたり4,000円まで/1日あたり4,000円まで)
・PayPay(ペイペイ)
・d払い(コード決済)
・Origami Pay(オリガミペイ)
・メルペイ(コード決済)
・au PAY(エーユーペイ)
・ゆうちょPay(銀行Pay)
・J-Coin Pay(ジェイコインペイ)
・アリペイ
・ウィーチャットペイ
・ネイバーペイ

対応していないコード決済は、クオカードPay、Bank Pay(バンクペイ)、FamiPay(ファミペイ)、などです。
各種コード決済と、電子マネーやクレジットカード、現金などとを併用して支払うことはできません。

また、以下の商品・サービスの支払いには、コード決済は使えません。
・MINISTOP Loppi 取り扱いサービス・商品
・切手/印紙・はがき・ギフトカード・ごみ処理券・テレフォンカード・WAONカード
・電気、ガス、水道、電話などの公共料金類・自動車税などの公共料金類
・ゆうパック・コピーサービス・FAXサービス

ソフトクリームやパフェ、ハロハロ、チキン、ポテト、コーヒーなど、ミニストップで人気の商品も、コード決済ならおトクに注文できます。

コンビニ各社 10月からのポイント還元・割引キャンペーンまとめ[キャッシュレス・ポイント還元事業]

クレジットカード・電子マネーは使える?

ミニストップでは、各種クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)が使えます。

また、主要な電子マネー(交通系電子マネー、楽天Edy、WAON、iD、QUICPay)が使えます。nanacoは使えません。

WAON POINT カード

ミニストップでは、現金払いに限り、WAON POINTカード(またはイオンカード)を提示することで、税込200円につき1ポイントのWAON POINTが貯まります。還元率で言うと、最大0.5%となります。

※2020年4月1日からは、WAON POINTカード提示でポイントをためられるのは、現金払いのみとなりました。コード決済、電子マネーなどで支払う場合には、WAON POINTはたまりません。

消費税の軽減税率への対応

ミニストップでは、日用品・酒類・雑誌などでは消費税率10%の標準税率が、飲食料品・ファストフード商品(持ち帰りに限る)は消費税率8%の軽減税率が適用されます。
※飲食料品・ファストフード商品を店内のイートインスペースで飲食する場合には、消費税率10%の標準税率が適用されます(レジで申し出てください)。

「キャッシュレス・ポイント還元事業(消費者還元事業)」は、2%還元の対象となります(決済時即時還元)。

-コンビニ
-, ,

© 2020 コード決済情報局 Powered by AFFINGER5