飲食店

コメダ珈琲店で使えるコード決済

珈琲所コメダ珈琲店

テイクアウト(持ち帰り)

コメダ珈琲店では、持ち帰り(テイクアウト)販売も実施中です(一部店舗を除く)。
テイクアウトメニューはこちら
(テイクアウトでも、コード決済などの各種キャッシュレス決済が使えます)

飲食チェーン店テイクアウト(持ち帰り)情報まとめ 値引き・割引・ポイント還元・キャンペーンなど 新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)対策で

コード決済(スマホ決済)

コメダ珈琲店・おかげ庵で使えるコード決済は、以下の通りです。
(2020年2月1日現在)

・PayPay(ペイペイ)
・d払い(コード決済)
・[Smart Cord(スマートコード)]LINE Pay(ラインペイ)、メルペイ(コード決済)、ゆうちょPay(銀行Pay)、K PLUS(カシコン銀行)
・アリペイ

対応していないコード決済は、楽天ペイ、Origami Pay(オリガミペイ)、au PAY(エーユーペイ)、Bank Pay(バンクペイ)、J-Coin Pay(ジェイコインペイ)、クオカードPay(クオカードペイ)、FamiPay(ファミペイ)、ウィーチャットペイ、ネイバーペイ、などです。

クレジットカード

コメダ珈琲店・おかげ庵では、各種クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)が使えます。

※クレジットカードが使えない店舗が一部あります。

電子マネー

コメダ珈琲店・おかげ庵では、主要な電子マネー(交通系電子マネー、楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUICPay)が使えます。

※電子マネーが使えない店舗が一部あります。

※メルペイ(iD決済)、d払い(iD)も使えます

プリペイドカード「KOMECA(コメカ)」

コメダ珈琲店・おかげ庵では、独自電子マネーのプリペイドカード「KOMECA(コメカ)」が使えます。
利用金額の1%がポイント還元され、10ポイント=10円分として支払いに充当できます。「金シャチ会員」という会員制度に登録すると、ポイント還元率が3%にアップします。

KOMECAへのチャージは、店頭レジでのみ可能。現金またはクレジットカードでチャージできます。一度にできるチャージ金額は1,000円~30,000円。

※KOMECAが使えない店舗が一部あります。

そのほかの支払い方法は?

コメダ珈琲店では、コーヒーの前売り回数券である「コーヒーチケット」が販売されています。
コーヒーチケットは、購入した店舗でのみ使える回数券で、枚数や価格は店舗により異なります。1冊で7枚~9枚程度の綴りで、1冊あたり520円~760円おトクになります。
コーヒーチケットの購入は、現金のみです。コード決済、クレジットカード、電子マネーは使えません。

コメダ珈琲店・おかげ庵では、クレジットカード会社発行のギフトカード(商品券)や、ジェフグルメカードは使えません。

コメダホールディングスの株主になると、株主優待としてKOMECAがもらえます。専用のKOMECAカードがもらえ、年2回1,000円分チャージされます(年間2,000円分)。

消費税軽減税率への対応

コメダ珈琲店・おかげ庵では、店内での飲食(イートイン)は消費税率10%の標準税率が、持ち帰り(テイクアウト)は消費税率8%の軽減税率が適用されます。

※店内飲食・持ち帰りともに、税込価格は同額となります(本体価格が異なります)。店内飲食で注文した商品を食べ切れずに持ち帰る場合には、イートイン扱いになります(税込価格ではテイクアウトと同額です)。
※すべてのメニューは10円単位で、メニュー表などでは税込価格が表示されています。
※増税時は、一部のメニューで税込価格が10円~20円程度値上げとなっていますが、税込価格が据え置き(店内飲食の場合は本体価格が値下げ)となっているメニューもあります。ドリンクチケットは税込価格が据え置かれています(本体価格では値下げ)。

「キャッシュレス・ポイント還元事業(消費者還元事業)」は、2%還元の対象となっています(一部の店舗を除く)。

-飲食店
-,

© 2020 コード決済情報局 Powered by AFFINGER5