飲食店

丸亀製麺で使えるコード決済

丸亀製麺

テイクアウト(持ち帰り)

2020年5月27日から順次、天ぷらに加えて、うどん・丼・いなりなどのメニューもテイクアウトで購入できるようになりました。詳しくはこちら

飲食店・外食チェーン店 テイクアウト(持ち帰り)おトク情報まとめ 値引き・割引・キャンペーン・クーポン・ポイント還元・弁当・メニュー・事前予約ネット注文など

コード決済

讃岐うどんチェーンの丸亀製麺で使えるコード決済は、以下の通りです。
(2020年6月1日現在)

・PayPay(ペイペイ)※一部の店舗でのみ対応
(店舗により対応状況が異なります。また、以前対応していた店舗でも、非対応となっている場合があります)

対応していないコード決済は、LINE Pay(ラインペイ)、楽天ペイ、Origami Pay(オリガミペイ)、d払い(コード決済)、メルペイ(コード決済)、au PAY(エーユーペイ)、ゆうちょPay(銀行Pay)、Bank Pay(バンクペイ)、J-Coin Pay(ジェイコインペイ)、クオカードPay(クオカードペイ)、FamiPay(ファミペイ)、アリペイ、ウィーチャットペイ、ネイバーペイ、などです。

クレジットカード

丸亀製麺では、クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)はいずれも使えません。

※ショッピングセンター内の店舗など、一部の店舗ではクレジットカードが使える場合もあります。

電子マネー

丸亀製麺では、電子マネー(交通系電子マネー、楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUICPayなど)もいずれも使えません。

※ショッピングセンター内の店舗など、一部の店舗では電子マネーが使える場合もあります。

そのほかの支払い方法は?

丸亀製麺では、ジェフグルメカードやギフトカード(商品券)などは使えません。

トリドールホールディングスの株主になるともらえる株主優待券が使えます。株主優待券は1枚100円分の食事券で、一度に何枚でも使えます(お釣りは出ません)。

公式スマホアプリ・割引クーポン

丸亀製麺の公式スマホアプリで、割引クーポンが配信されています。
また、レシートのQRコードを読み取る(または店頭でクーポンを利用する)とスタンプが貯まり、スタンプが貯まるとクーポンと交換できます。

消費税軽減税率への対応

丸亀製麺では、店内での飲食(イートイン)は消費税率10%の標準税率が、持ち帰り(テイクアウト)は消費税率8%の軽減税率が適用されます。

※店内飲食・持ち帰りともに、税込価格は同額となります(本体価格が、店内飲食と持ち帰りで異なります)。
※増税時の対応は、「釜揚げうどん」「かしわ天」などは税込価格を据え置き(店内飲食の本体価格は値下げ)、「かけうどん」「えび天」などは税込価格で10円程度値上げとなっています。なお、税込価格では(店内飲食・持ち帰りともに)10円単位になるように調整されています。

「キャッシュレス・ポイント還元事業(消費者還元事業)」は対象外です。

-飲食店
-, ,

© 2020 コード決済情報局 Powered by AFFINGER5