飲食店

焼肉ライクで使えるコード決済

焼肉ライク

焼肉ライクで使えるコード決済は、以下の通りです。
(2019年9月12日現在)

なし
※コード決済にはいずれも対応していません。

対応していないコード決済は、PayPay(ペイペイ)、LINE Pay(ラインペイ)、楽天ペイ、d払い(コード決済)、au PAY(エーユーペイ)、Origami Pay(オリガミペイ)、メルペイ(コード決済)、ゆうちょPay(銀行Pay)、Bank Pay(バンクペイ)、J-Coin Pay(ジェイコインペイ)、クオカードPay(クオカードペイ)、FamiPay(ファミペイ)、アリペイ、ウィーチャットペイ、Naver Pay(ネイバーペイ)、などです。

クレジットカード・電子マネーは使える?

焼肉ライクはどの店舗でもいまのところ現金払いのみとなっており、クレジットカードや電子マネー(交通系電子マネー、楽天Edy、WAON、nanaco、iD、QUICPay)は一切使えません。

※船橋ららぽーと前店(2020年1月27日オープン)では、クレジットカードと交通系電子マネーに対応する予定があるそうです。

焼肉ライクとは?

焼肉ライクは、焼肉のファストフード・一人焼肉専門店として、2018年8月に新橋にオープンしました。その後、新宿や渋谷にも出店し、フランチャイズ店が横浜や松戸、海老名にもオープンしています。秋葉原、池袋、上野、五反田などにも出店しています。

カウンター席に一人一台ずつ無煙ロースターが設置されており、自分のペースで焼肉が楽しめます。いろんな種類のお肉が100g単位(50gのハーフサイズも選べます)で注文できます。
一人席(カウンター席)が中心ですが、2人以上のグループや家族でももちろん入れます。郊外店を中心に、グループで座れるテーブル席も用意されています。

お肉だけ注文するのもよし、「ごはん・わかめスープ・キムチ」のセットとともに注文するのもよしで、その日の気分に合わせて自由な組み合わせで注文できます。

新橋店ではスタッフにオーダーするスタイルですが、それ以外の店舗では各席に設置されているタブレット画面で注文できます。

船橋ららぽーと前店は完全セルフシステム店舗となっており、セルフオーダーシステム・セルフレジが導入されています。商品は呼ばれたら自分で取りに行くスタイルです。

株主優待券は使える?

焼肉ライクを運営する株式会社ダイニングイノベーションは上場しておらず、また株主優待券も発行していないと思われます。

焼肉ライクのフランチャイズ(FC)店を出店している会社のうち、株式会社幸楽苑ホールディングス(東証一部上場)は株主優待券を発行しており、幸楽苑ホールディングスが運営している焼肉ライクの店舗では、同社の株主優待券が使えます。
※2020年1月7日現在で、幸楽苑HDが運営しているFC店舗は、松戸南花島店・海老名さがみ野店・相模原若松店・横浜荏田店・東久留米店・平塚四之宮店・立川通り店です。

ちなみに、同じく幸楽苑ホールディングスがフランチャイズとして出店している「いきなり!ステーキ」では、幸楽苑ホールディングスが運営する店舗に限り株主優待券が使えます。

割引クーポンは?

焼肉ライクでは、割引クーポンはいまのところ発行されていないようです。
もともと手頃な価格となっていますので、割引にならなくても気軽に焼肉がいただけそうです。
ちなみに、税込価格の10円未満の端数は切り捨てられますので、端数が出る場合はちょっとだけ割引になるとも言えます。

新規オープンする店舗では、先着人数限定でキャンペーン価格のメニューが用意されることもあるようです。

消費税軽減税率への対応

焼肉ライクでは、店内での飲食(イートイン)は消費税率10%です。持ち帰り(テイクアウト)はできません。

「キャッシュレス・ポイント還元事業(消費者還元事業)」は対象外です。

-飲食店
-, ,

Copyright© コード決済情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.