専門店

東急ハンズ・ハンズビーで使えるコード決済

東急ハンズ・ハンズ ビー

東急ハンズ、ハンズビーで使えるコード決済は、以下の通りです。
(2019年12月11日現在)

・PayPay(ペイペイ)
・LINE Pay(ラインペイ)
・楽天ペイ
・d払い
・メルペイ(コード決済)
・ゆうちょPay(銀行Pay)
・Origami Pay(オリガミペイ)
・クオカードPay(クオカードペイ)

※各店舗に順次導入されます(対応していない店舗もあり)。

対応していないコード決済は、au PAY(エーユーペイ)、Bank Pay(バンクペイ)、J-Coin Pay(ジェイコインペイ)、FamiPay(ファミペイ)、アリペイ、ウィーチャットペイなどです。

クレジットカード・電子マネーは使える?

東急ハンズ、ハンズビーでは、各種クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)が使えます。

電子マネー(交通系電子マネー、楽天Edy、iD、nanaco、WAON、QUICPay)は店舗により対応状況が異なります。いずれの電子マネーも使えない店舗もあります。
入居している施設に準じた電子マネーが使えることが多いです。

そのほかの支払い方法は?

東急ハンズ、ハンズビーでは、東急グループ商品券、JTBナイスショップなどの商品券が使えます。一部店舗では全国百貨店共通商品券も使えます(百貨店内の店舗など)。

クレジットカード会社発行のギフトカード(商品券)も使えます。

ポイントカード・スマホアプリ

東急ハンズ、ハンズビーなどでは、「ハンズクラブ」という会員制度があります。入会は無料で年会費などはかかりません。

ハンズクラブは、店頭レジでカードを受け取るか、スマホアプリ(東急ハンズアプリ)から登録することで入会できます。

税別100円につき1ポイント貯まり、店頭では300ポイント以上100ポイント単位(1ポイント=1円相当)で支払いに充当できます。ネットストアでは1ポイントから支払いに充当できます。

また、一部の店舗ではdポイントカードにも対応しています。こちらも税別100円につき1ポイント貯まり、1ポイント=1円相当で支払いに充当できます。

ハンズクラブとdポイントカードは、併用することができます。ポイントをダブルで貯めることができます。

消費税の軽減税率への対応

東急ハンズ、ハンズビーなどでは、飲食料品は消費税率8%の軽減税率が適用され、それ以外の商品(雑貨・文具・工具・資材・日用品・美容健康用品など)には消費税率10%の標準税率が適用されます。

「キャッシュレス・ポイント還元事業(消費者還元事業)」は対象外です。

-専門店
-, ,

© 2020 コード決済情報局 Powered by AFFINGER5