PayPay(ペイペイ)

PayPay(ペイペイ) 出金(払い出し)が可能に。残高の名称変更・有効期限は無期限に

PayPay ペイペイ ロゴ
PayPay(ペイペイ)

PayPayでは、2019年7月29日より、PayPay残高に含まれる各名称と、その有効期限が変更されます。

また、2019年9月30日以降には、払い出し(出金)が可能なPayPay残高「PayPayマネー」が追加されます。9月30日以降に銀行口座などからチャージした金額はこの「PayPayマネー」となり、出金にも対応します。

チャージした残高が、いつでも現金化できるようになれば、より安心して気軽に使うことができそうですね。

なお、具体的な払い出し方法や、手数料などは未定です。

※9月29日以前にチャージした残高(現 PayPayライト)は、9月30日以降も払い出し(出金)することはできません。

※PayPayマネーについてはこちら
「PayPayマネー(ペイペイマネー)」は出金可能なPayPay残高 9月30日以降にチャージした残高は、アプリから銀行口座に出金指示が可能に

残高の名称・有効期限の変更の概要

2019年9月30日から、払い出しにも対応するPayPay残高が追加されます。

・「PayPayマネー」(ペイペイマネー)
2019年9月30日以降に追加される残高です。有効期限は無期限です。
9月30日以降に銀行口座などからチャージしたものはこの「PayPayマネー」残高となり、支払いや送金などのほか、現金での払い出し(出金)にも対応します。
「PayPayマネー」を利用するには、本人確認が必要です。本人確認には、銀行口座の認証を利用する方法と、かんたん確認を利用する方法があります。

これに伴い、2019年7月29日からは、残高の名称と、有効期限が変更となります。

・「PayPayライト」→「PayPayマネーライト」
現在のPayPayライトは、PayPayマネーライトに名称が変更されます。有効期限は5年間だったのが、無期限に変更されます。
9月29日までに銀行口座などからチャージしたものは、このPayPayライト(PayPayマネーライト)残高となります。支払いや送金などに使えます。払い出し(出金)はできません。

・「PayPayボーナス」
PayPayボーナスは、有効期限が2年間だったのが、無期限に変更されます。名称は変わりません。
各種キャンペーンなどで付与されるものが、このPayPayボーナスとなります。支払いにのみ使えて、送金などには使えません。

・「PayPayボーナスミニ」→「PayPayボーナスライト」
現在のPayPayボーナスミニは、PayPayボーナスライトに名称が変更されます。有効期限は60日間のままで変更ありません。
PayPayボーナスミニ(PayPayボーナスライト)は、ヤフー関連サービス利用時に付与されるもので、8月以降から期間限定Tポイントに代わり付与されるようになる残高です。

※有効期限はいずれも、残高の最終増減日から起算します。

-PayPay(ペイペイ)
-,

© 2020 コード決済情報局 Powered by AFFINGER5