ドラッグストア

ツルハドラッグ・くすりの福太郎・レディ薬局などで使えるコード決済

ツルハドラッグ

コード決済

ドラッグストアチェーンを経営するツルハホールディングスの各店舗(ツルハドラッグ・くすりの福太郎・ウォンツ・ウェルネス・レディ薬局など)で使えるコード決済は、以下の通りです。
(2020年7月21日現在)

・PayPay(ペイペイ)
・LINE Pay(ラインペイ)
・楽天ペイ
・d払い(コード決済)
・au PAY(エーユーペイ)
・メルペイ(コード決済)
・アリペイ
・ウィーチャットペイ
・ネイバーペイ

Origami Pay(オリガミペイ)、ゆうちょPay(銀行Pay)、クオカードPay、FamiPay(ファミペイ)、などには対応していません。

クレジットカード・電子マネーは使える?

ツルハドラッグなどでは、各種クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)が使えます。

また、各種電子マネー(交通系電子マネー、楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUICPay)も使えます。

そのほかの支払い方法は?

ツルハドラッグなどでは、クレジットカード会社等が発行するギフトカード(商品券)が使えます。

また、親会社のツルハホールディングスの株主になるともらえる「株主ギフト券」も使えます。

ポイントカード

ツルハグループ各店で使えるポイントカード「ツルハポイントカード」があります。入会費・年会費などは無料で、レジですぐ発行できます。
医薬品・制度化粧品は100円(税別)ごとに1ポイント、そのほかの商品は200円(税別)ごとに1ポイント貯まります。
年間利用額によってランクアップし、貯まるポイントが2倍・3倍になる制度もあります。
500ポイント貯まると、500円割引券が自動的に発行されます。税込金額から500円引き券として利用できます。

また、楽天ポイントカードも合わせて利用できます。スマホアプリも利用可能です。
200円(税別)ごとに1ポイント貯まり、1ポイント=1円分として支払いに充当できます。

ツルハポイントカードと楽天ポイントカードと合わせて提示することで、両方のポイントを貯めることができます。

スマホアプリ

ツルハグループの各店舗ごとに、公式スマホアプリが用意されています。

「ツルハポイントカード」をアプリに紐付けることで、アプリ画面の提示でポイントをためることが可能となります。ポイント数や会員ランクがいつでもアプリで確認できます。
また、楽天ポイントカードと連携することで、楽天ポイントカードもアプリ上で表示することが可能です。

おトクなクーポンも配信されます。

割引クーポンなどはある?

毎月1日・10日・20日は「ツルハお客様感謝デー」で、ツルハポイントカードを提示することで、税込金額から5%割引となります。

また、株主優待カードを提示すると、いつでも5%割引となります。

ツルハお客様感謝デーに、ツルハポイントカードと株主優待カードの両方を提示すると、合わせて10%割引となります。

消費税軽減税率への対応

ツルハグループ各店では、飲食料品(特定保健用食品・栄養機能食品・健康食品なども含む)は消費税率8%の軽減税率が適用され、それ以外の商品(医薬品・医薬部外品・化粧品・日用品・生活雑貨・酒類など)は消費税率10%の標準税率が適用されます。

「キャッシュレス・ポイント還元事業(消費者還元事業)」は対象外です。

-ドラッグストア
-, ,

© 2020 コード決済情報局 Powered by AFFINGER5