飲食店

カフェ・ベローチェ、コーヒーハウス・シャノアールで使えるコード決済

カフェ・ベローチェ

「カフェ・ベローチェ」「コーヒーハウス・シャノアール」で使えるコード決済は、以下の通りです。
(2019年10月1日現在)

※コード決済にはいずれも対応していません。

対応していないコード決済は、PayPay(ペイペイ)、LINE Pay(ラインペイ)、楽天ペイ、Origami Pay(オリガミペイ)、d払い、メルペイ(コード決済)、au PAY(エーユーペイ)、ゆうちょPay(銀行Pay)、Bank Pay(バンクペイ)、J-Coin Pay(ジェイコインペイ)、クオカードPay(クオカードペイ)、FamiPay(ファミペイ)、アリペイ、ウィーチャットペイ、ネイバーペイなどです。

クレジットカード・電子マネーは使える?

「カフェ・ベローチェ」「コーヒーハウス・シャノアール」では、クレジットカードのVISA・MasterCardが使えます(店舗による)。
JCB・AMEX・Dinersには対応していません。

また、電子マネーは楽天Edy、iDに対応しています(店舗による)。
交通系電子マネー、nanaco、WAON、QUICPayには対応していません。

※福岡県内のカフェ・ベローチェ8店舗では、SUGOCA等の交通系電子マネーに対応しています。
※メルペイ(iD決済)は使えます。

※2019年10月1日から、クレジットカード・電子マネーに順次対応します。店舗ごとの対応状況については、店頭で確認してください。

そのほかの支払い方法は?

カフェ・ベローチェでは、ギフトカード(商品券)やジェフグルメカードは使えません。
株主優待券や食事券などもありません。

ポイントカード

共通ポイントカードにはいずれも対応していません。
独自のポイントカードもありませんが、後述の公式スマホアプリで来店ポイントを貯めることができます。

割引クーポン・公式スマホアプリ

カフェ・ベローチェでは、ドリンク割引券が店舗周辺の路上などで配布されていることがあります。

また、公式スマホアプリがあり、来店ポイントを貯めるとクーポンなどに交換できます。1日1回挑戦できるスクラッチでもポイントがもらえます。

まとめ

以上のように、カフェ・ベローチェでは現金が無いとまず利用できません。キャッシュレスとは無縁のチェーン店です。
ホットコーヒーが1杯200円(税込)で飲めるなど、手頃な価格で一息付けるのが特徴のカフェチェーンですので、決済手数料が発生するクレジットカードや電子マネーはあえて導入していないのかもしれません。

現金での支払いがスムーズになるようにするためか、ドリンクやフードの商品価格はすべて税込価格で10円単位となっており、1円単位の支払いが発生しないようになっています。

おトクにカフェ・ベローチェを利用するには、公式スマホアプリを活用して、割引クーポンを駆使するのがベストでしょう。

消費税軽減税率への対応

カフェ・ベローチェでは、店内での飲食(イートイン)は消費税率10%、持ち帰り(テイクアウト)は消費税率8%の軽減税率が適用されます。

※店内飲食・持ち帰りで、税込価格は同額となります(本体価格が異なります)。
※増税時には、一部のメニューを除き、税込価格で10円~20円値上げとなっています。モーニングセット、焼きたてドッグなどは税込価格が据え置かれています。

「キャッシュレス・ポイント還元事業(消費者還元事業)」は、5%還元の対象となっています。

-飲食店
-, ,

Copyright© コード決済情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.