飲食店

珈琲館で使えるコード決済

珈琲館

Go To Eatキャンペーン 予約来店ポイント還元・25%プレミアム付食事券

珈琲館は、「Go To Eat(ゴーツーイート)」キャンペーンの予約来店ポイント還元については、対象になっていません。
各都道府県で販売される、GoTo(ゴーツー) Eat(イート)キャンペーンの「25%プレミアム付食事券」への対応も未定です。

「GoToEat(ゴートゥーイート)」キャンペーン(ポイント還元)は、2020年10月1日~2021年1月31日(ポイント利用は2021年3月31日まで)に実施されています。
詳しくはこちら↓
「Go To Eat キャンペーン」飲食店ネット予約で1人最大1,000円分ポイント還元 対応オンライン飲食予約サイトまとめ 25%プレミアム付食事券の販売も

GoTo(ゴーツー)Eatキャンペーンの「25%プレミアム付食事券」について、詳しくはこちら↓
Go To Eat 25%プレミアム付食事券 都道府県別の販売場所・予約購入方法・申込サイト・発売期間・有効期限・対象利用可能店舗まとめ(ゴートゥーイート)

テイクアウト(持ち帰り)

珈琲館では、テイクアウトの可否や対応メニューは店舗により異なります。基本的には、ドリンク・サンドイッチ類のテイクアウトが可能な場合が多いようです。

コード決済

フルサービスのカフェチェーン店である、珈琲館(こーひーかん)で使えるコード決済は、以下の通りです。
(2019年11月17日現在)

・PayPay(ペイペイ)

対応していないコード決済は、LINE Pay(ラインペイ)、楽天ペイ、Origami Pay(オリガミペイ)、d払い、メルペイ(コード決済)、au PAY(エーユーペイ)、ゆうちょPay(銀行Pay)、Bank Pay(バンクペイ)、J-Coin Pay(ジェイコインペイ)、クオカードPay(クオカードペイ)、FamiPay(ファミペイ)、アリペイ、ウィーチャットペイ、ネイバーペイ、などです。

カフェチェーン店は、日常的に利用するお店ですし、小銭での支払いが多くなりがちなので、QRコード決済を始めとするキャッシュレス決済に対応してもらえると利便性が高まりそうです。

電子マネー・クレジットカード

珈琲館では、上記コード決済のほかは、基本的には現金とプリペイドカードのみの対応です。店舗によっては、各種クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)、電子マネー(交通系電子マネー、楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUICPay)が使える場合もあるようです。

独自のプリペイドカードである「プレシャスカード」は、珈琲館のほか、以前同じグループであった上島珈琲店などUCCグループのほぼすべての店舗で使えます(一部未対応店舗あり)。
チャージ時に最大5%分のポイントが貯まり、利用時にも5%分のポイントが貯まりますので、実質最大10%ポイント還元となります。
クレジットカード払いでチャージすれば、クレジットカードのポイントも合わせて貯められます。

おすすめメニュー

珈琲館でのおすすめメニューは、ホットケーキです。
1枚400円、2枚だと500円です(税込)。※店舗により価格が異なる場合あり

昔ながらのオーソドックスなスタイルのホットケーキで、毎日食べても飽きない素朴な味わいです。添えられるマーガリンとシロップとともに食べると、なんとも言えない幸せな気分になれます。

消費税軽減税率への対応

珈琲館では、店内での飲食(イートイン)は消費税率10%の標準税率が、持ち帰り(テイクアウト)は消費税率8%の軽減税率が適用されます。

「キャッシュレス・ポイント還元事業(消費者還元事業)」は、対象外です。

-飲食店
-,

© 2020 コード決済情報局 Powered by AFFINGER5