PayPay(ペイペイ)

「PayPay請求書払い」ペイペイで公共料金の払込票バーコード読み取り支払いに対応 電気・ガス・水道など

PayPay請求書払い サービス開始

PayPay(ペイペイ)では、2019年9月2日から、公共料金の請求書(払込票)に記載されたバーコードをアプリで読み取ってPayPay残高で支払える「PayPay請求書払い」が使えるようになりました。

「PayPay請求書払い」を利用することで、払込票を持ってコンビニや金融機関窓口まで行く必要が無くなり、公共料金もキャッシュレスで手軽に支払えるようになります。

また、PayPay請求書払いで支払った金額の0.5%分のPayPayボーナスが付与されます。現金で支払うよりもおトクになります。

自宅にいながら24時間いつでもスマホで払込票の支払いが可能となることから、払い忘れの防止にも役立ちそうです。また、PayPay残高で支払えるので、支払いのための現金をわざわざ用意する必要もなくなります。

※PayPayアプリを使っていない方
PayPayアプリのダウンロードはこちら
[PayPay]iOS(iPhone・iPadなど)
[PayPay]Android

サービス概要

「PayPay請求書払い」(ペイペイせいきゅうしょばらい)

サービス開始日:2019年9月2日

利用の流れ
・PayPayアプリのホーム画面にある「スキャン」をタップ
・払込票に記載されたバーコードを、スマホのカメラで読み取る
・スマホに表示される支払い金額を確認し「支払う」をタップ
これで納付が完了します。

※領収印が押された領収書は発行されません。

「PayPay請求書払い」の支払いに使えるのは、PayPay残高のみとなります。Yahoo!マネー、クレジットカードによる支払いはできません。

支払額の0.5%分のPayPayボーナスが付与されます。1回の付与上限は2,500円相当です。「最大3%付与」「特定サービス利用特典1%付与」と合算して、1か月当たりの付与合計は最大30,000円相当となります。

対応する請求書

「PayPay請求書払い」に対応する請求書のスケジュールは以下のとおりです。

・2019年9月2日から
東京ガス、東京電力、東京都水道局、広島ガス、中国電力、九州電力

・2019年9月30日から
「Yahoo!マネー」で支払い可能な、約300の地方公共団体・事業者
(一覧はこちらでご確認ください)

・2019年10月以降
北海道ガス、その他

-PayPay(ペイペイ)
-, ,

© 2020 コード決済情報局 Powered by AFFINGER5