金融・投資

LINE証券(ライン証券) LINE Pay残高で数百円からスマホで株式投資

LINE証券

LINEで簡単に株式投資ができる「LINE証券」(ライン証券)が、サービスを開始し口座開設の受付が始まっています。

まずはAndroid版アプリのみでスタートしており、iOS版アプリは近日中に提供される予定です。

LINE証券は、日本の有名企業100社と国内ETF9種類を1株/1口単位で売買することができ、平日は21時まで即時注文・即時約定取引が可能となっています。

また、LINE Pay残高で入出金も可能となっており、コード決済で使い切れない残高を投資に回したり、株やETFを売却した代金をLINE Payで買い物に使うようなことも簡単にできます。

数百円からの少額で株式投資が可能

LINE証券で投資できるのは「厳選した日本の有名企業100社と国内ETF9種類」となっています。

投資できる日本の有名企業として、東京電力、ヤフー、みずほ銀行、トヨタ自動車、セブン&アイホールディングス、積水ハウス、システナ、セガサミーホールディングス、オリックス、ZOZO、ソフトバンクグループ、サントリー食品インターナショナル、クボタ、東海カーボン、などがあります。

投資できるETF(上場投資信託)は、TOPIX、不動産(東証REIT)、NYダウ、NASDAQ、金、原油、などに連動する指数のETFが用意されます。

これらの株式/ETFに、1株/1口単位で投資できるので、数百円~数千円からの資金で購入することが可能です。

平日21時まで売買可能

LINE証券では、平日のランチタイムや夜間でも売買が可能なので、お勤めの方でも気軽に投資できます。

LINE証券で取引できるのは、前場:9:00-11:20、場間:11:30-12:20、後場:12:30-14:50、夜間:17:00-21:00、の各時間帯となります。

また、一般的な1株単位の取引は、注文時に取引価格が確定しませんが、LINE証券では、注文時に即時に取引が成立します。提示された価格で取引が可能なので、売買がスムーズです。

LINE Pay残高からの入出金が可能

LINE証券の口座への入出金は、銀行口座のほかに、LINE Pay残高も利用できます。
数百円程度の少額のLINE Pay残高でも、LINE証券に入金することで、気軽に投資に回すことができます。
また、LINE証券での売却代金をLINE Pay残高に出金することで、すぐに買い物などに利用することが可能です。

※キャンペーンなどで還元される「LINE Payボーナス」は、LINE証券への入金には使えません。
※LINEポイントは、LINE Pay残高に交換することで、LINE証券への入金に使えます。

口座開設の申込受付はLINEから

LINE証券を始めるには、口座開設が必要です。
口座開設の流れは以下のとおりです。

・「LINE」アプリ内の「ウォレット」タブから、「証券」アイコンをタップ
・「LINE証券」トップ画面の「口座開設(無料)」のリンクをタップし、口座開設を申し込む(申込手続きは、3分程度で完了します)
・申込から4営業日ほどで簡易書留ハガキが届く
・簡易書留ハガキの記載されているQRコードを読み取り「LINE証券」にアクセス

これで口座開設が完了します。
LINE Pay残高や銀行口座から入金して、株やETFを購入することができるようになります。

LINE証券 公式サイト

-金融・投資
-,

© 2020 コード決済情報局 Powered by AFFINGER5