LINE Pay(ラインペイ) 家電量販店

LINE Pay(ラインペイ)ビックカメラ・コジマ・ソフマップで最大10%還元!

LINE Pay ビックカメラ・コジマ・ソフマップで最大実質10%還元

LINE Payでは、3月1日から14日まで、ビックカメラ・コジマ・ソフマップの対象店舗でのコード支払いで5%還元となるキャンペーンが実施されます!

さらに、「マイカラー」プログラムも適用され、3.5%~5%分がLINEポイントで還元されますので、合わせて最大実質10%還元となります。

キャンペーン対象となる店舗は、全国のビックカメラ・コジマ・ソフマップです。ネット通販(ビックカメラ.comなど)は対象外です。

キャンペーン期間:2019年3月1日 ~ 2019年3月14日の各店舗営業時間中
還元額上限:3,000円(利用金額で60,000円が上限)
残高還元時期:2019年5月10日~2019年5月20日

春の新生活に向けて家電製品を買い揃えたり、気になるゲームソフトなどの新製品を購入したりするときに、LINE Payのコード支払いを使えばよりおトクに買い物ができるチャンスです。家電製品だけでなく、薬や日用品なども購入できる店舗も増えています。

PayPay(ペイペイ)とどっちがおトク?

今回のLINE Payのキャンペーンは、PayPayで実施されている第2弾100億円キャンペーンと、どちらがおトクになるでしょうか?

単純に還元率だけで考えると、PayPayのキャンペーンは最大20%還元(+やたら当たるくじで全額還元のチャンスも)なので、PayPayのほうがおトクです。
しかし、PayPayのキャンペーンは、1回の支払いで還元上限額が1,000円となっており、(20%還元の場合)5,001円以上の買い物では一律で1,000円の還元となります。

一方、LINE Payのキャンペーンでは、還元率はPayPayのそれよりも低いものの、キャンペーン期間中の還元額上限が3,000円となっているため、高額商品を買うならLINE Payのほうがおトクです。
例えば50,000円分の買い物をすると、還元額は最大5,000円相当(キャンペーン還元率5%分で2,500円相当+マイカラーのポイント還元3.5%~5%分で1,750円相当~2,500円相当)となり、PayPayよりも圧倒的に有利となります。

キャンペーンの条件に照らし合わせて、コード決済を上手に使い分ける必要がありそうですね。

ビックポイントも貯まる!

キャンペーンでの還元のほかに、各店舗のポイント還元も受けられます。

ビックカメラでは、LINE Payなどのコード決済の場合、ビックポイントが通常8%貯まります。
また、コジマではコジマポイントカード、ソフマップではソフマップポイントカードが使えます。ビックポイントカード、コジマポイントカード、ソフマップポイントカードは、それぞれ共通して使うことができ、ポイントもそれぞれ移行可能です。

ビックカメラグループのポイントカード

なお、ポイントを使った分の金額は割引扱いとなるため、LINE Payの還元の対象にはなりません。

-LINE Pay(ラインペイ), 家電量販店
-, , ,

Copyright© コード決済情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.