LINE Pay(ラインペイ)

LINE Pay(ラインペイ)残高から銀行口座への振込サービス開始 SMS・メールでも送金可能 送金手数料は一律

LINE Pay 銀行振込サービス開始

LINE Pay(ラインペイ)では、LINE Pay残高を使って銀行口座への送金(振込)ができる、銀行振込サービスが2019年12月9日から使えるようになりました。

多くの方が日常的に利用している「銀行口座」(金融機関口座)に、LINE Payから残高を使って送金ができるようになったことで、これまで以上に送金の手段が増えることになります。

また、この銀行振込サービスでは、相手側の銀行口座情報がわからなくても、相手の名前と電話番号またはメールアドレスがわかれば送金することができます。友人・知人間や、ネット上での売買などで送金する際に「銀行口座を教えるのはちょっと不安」「いちいち銀行口座を教えるのは面倒」といった場合でも、かんたんにお金を送ってもらうことが可能となります。

手数料は一律で176円(税込)です。振込先(同一支店か否か、他行宛かどうか、など)、金額、利用時間や曜日にかかわらず、一律の手数料となります。
銀行のATMやネットバンキングで振込をすると、他行宛の場合では、一般的には220円~660円程度(税込)の振込手数料がかかりますので、LINE Payから振り込んだほうが安くなるケースも多そうです。

銀行口座振込サービス概要

LINE Pay残高を使って、一律の手数料で、法人・個人の銀行口座に振込ができるサービスです。
「LINE Payアプリ」、もしくは「LINE」内「ウォレット」タブの「送金」から、振込をすることができます。

振込手数料:176円(税込)※曜日・時間帯・振込先にかかわらず、一律の金額です
利用可能時間帯:24時間 ※振込先により、着金するタイミングは翌営業日等になる場合があります

※「LINE」アプリのiOS版(iPhone等)は、近日対応予定です。「LINE Payアプリ」は、iOS・Androidのいずれも利用可能です。

サービスの特徴
・相手先の銀行口座情報(金融機関名・支店名・口座種別・口座番号・口座名義)を知っている場合は、インターネットバンキングと同様に振込できます。相手先の銀行口座情報がわからない場合でも、相手先の名前と、電話番号またはメールアドレスを知っていれば、振込ができます
・個人宛だけでなく、法人口座への振込にも対応しています。月謝や商品購入代金、受験料、家賃等の支払いなど、銀行振込にしか対応していないようなものでも、LINE Payでかんたんに送金できるようになります
・曜日や時間帯にかかわらず、一律の手数料で振り込むことができます。また、振込金額(3万円未満/3万円以上)や振込先にも関係なく、手数料は一律です

利用方法(振込方法)
1.「LINE Payアプリ」もしくは「LINE」内の「ウォレット」タブにある、「送金」→「口座に振込」を選択
2.相手の口座番号を知っている場合は「口座番号」を、電話番号またはメールアドレスを知っている場合は「SMS・Eメール」を選択し、必要情報を入力
3.振込額を設定
4.口座情報や手数料の確認をします
5.あらかじめ設定した6桁の「LINE Pay」専用パスワードを入力
6.これで振込指示が完了です。最短で、即時に相手の口座に入金されます

※このサービスは、LINE Money(本人確認後)でのみ使えます
※1日あたりの振込上限金額は10万円です
※LINE Pay残高の範囲内でのみ振込できます(残高が足りない場合は、あらかじめチャージしてください)
※振込の時間帯・曜日によっては、即時に入金されない場合があります(翌営業日など)
※「SMS・Eメール」で振り込んだ場合は、相手側が受け取る際に銀行口座情報を入力する必要があります
※「口座番号」で振り込んだ場合は、相手側に通知などはされません(銀行口座に直接振り込まれます)

受取方法
銀行口座情報(「口座番号」)を入力して振り込まれた場合:その銀行口座に直接振り込まれますので、通帳や残高照会等で受け取りが確認ができます
「SMS・Eメール」で送金された場合:振込通知が来たら、SMSやメールに表示されているリンクをタップすると、送金内容が確認できます。振込通知受領後、別途SMSやメールで認証番号が通知されますので、認証番号を入力して本人確認を行い、受け取りたい口座情報を入力することで受け取れます。

-LINE Pay(ラインペイ)
-, ,

Copyright© コード決済情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.