スーパーマーケット

サミットストアで使えるコード決済

スーパー サミットストア

スーパーのサミットストアは、首都圏(東京・埼玉・神奈川・千葉)で店舗展開している食品スーパーです。チラシのデザインにこだわっており、その面白さが注目されています。

コード決済(スマホ決済)

サミットストア(コルモピアを含む)で使えるコード決済は、以下の通りです。
(2020年4月4日現在)

・PayPay(ペイペイ)
・LINE Pay(ラインペイ)
・d払い(コード決済)
・au PAY(エーユーペイ)
・メルペイ(コード決済)
・ゆうちょPay(銀行Pay)
・J-Coin Pay(ジェイコインペイ)
・アリペイ
・ウィーチャットペイ

※2020年4月4日から、全店舗のすべてのレジでコード決済に対応します。

対応していないコード決済は、楽天ペイ、Origami Pay(オリガミペイ)、Bank Pay(バンクペイ)、クオカードPay(クオカードペイ)、FamiPay(ファミペイ)、ネイバーペイ、などです。

クレジットカード

サミットストアでは、各種クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)が使えます。

電子マネー

サミットストアでは、電子マネーで使えるのは、交通系電子マネー、楽天Edy、iDとなります。
nanaco、WAON、QUICPayは使えません。

※電子マネーが使えるレジレーンが限られていることがあります。レジに並ぶ前に、電子マネーが使えるレジかどうか確認してください。
※電子マネーを使う場合は、レジスタッフにその旨を伝えてその場で決済します。セミセルフレジ(精算機)では電子マネーが使えません(現金・クレジットカードのみ)。
※電子マネーが使えるレジレーンでは、メルペイ(iD決済)・d払い(iD)も使えます。

そのほかの支払い方法は?

サミットストアでは、クレジットカード会社発行のギフトカード(商品券)は使えません。

ビール券、おこめ券、サミット商品券は使えます。

ポイントカード・割引クーポン

サミットストアでは、独自のポイントカード「サミットポイントカード」があります。
税抜200円ごとに1ポイント貯まり、1ポイント=1円として支払いに充当できます(還元率0.5%)。ポイントで支払った分にもポイントが付きます。

また、毎週火曜日はキャッシュバックサービスデーとして、100ポイント単位で現金と交換できます(1ポイント=1円相当)。さらに、10,000ポイントまで貯めるとその場で現金1万円と交換できます(1万ポイントまでしか貯められません)。

なお、サミットポイントカードでポイントが貯まるのは現金払いのときのみです。クレジットカードや電子マネーで支払う場合はポイントを貯められません。
還元率が0.5%よりも高いクレジットカードや電子マネーを使うのであれば、それらで支払ったほうが基本的にはおトクです。

また、サミットポイントカードがスマホで使えるようになる「サミットアプリ」もあります。サミットアプリを使うと、おトクにポイントが貯まるクーポンももらえます(割引クーポンではありません)。

アプリクーポンや、ボーナスクーポンがもらえる商品を購入する場合は、サミットポイントカード+現金払いの方が還元率が良くなるケースもあります。

共通ポイントカード(楽天ポイントカード・Pontaカード・dポイントカードなど)には対応していません。

消費税の軽減税率への対応

サミットストアでは、飲食料品には消費税率8%の軽減税率が適用されます。それ以外の商品(日用品・酒類・雑貨・衣料品など)は、消費税率10%の標準税率が適用されます。

「キャッシュレス・ポイント還元事業(消費者還元事業)」は対象外です。

-スーパーマーケット
-,

© 2020 コード決済情報局 Powered by AFFINGER5