ゆうちょPay(ゆうちょペイ)

ゆうちょPay(ゆうちょペイ)2019年5月8日サービス開始、銀行Payと連携。500円プレゼントキャンペーンも

ゆうちょPay

ゆうちょ銀行は、スマホ決済サービス「ゆうちょPay」(ゆうちょペイ)を2019年5月8日からサービスを開始します。



ゆうちょPayは、専用スマホアプリで表示されるQRコード・バーコードを使うことで支払いができるサービスです。支払い金額は、登録したゆうちょ銀行の口座の残高から自動的に引き落とされます。事前のチャージは必要ありません。

また、ゆうちょPayに対応した払込取扱票の支払いも、スマホで完了できるようになります。わざわざ窓口に支払に行く必要がなくなります。

銀行Payと連携で相互利用も

ゆうちょPayは、GMOペイメントゲートウェイが提供している「銀行Pay」の決済システムを利用したサービスです。なので、「銀行Pay」のシステムを使う他行のスマホ決済サービスとも、相互利用ができます。

現在、銀行Payのシステムを導入しているのは、横浜銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行です。
今後、導入が予定されているのは、沖縄銀行、北陸銀行、北海道銀行となっています。

ゆうちょPayの加盟店舗(パートナー)だけでなく、これらの銀行の加盟店舗でも、ゆうちょPayが相互に利用できることになります。

サポートデスク(電話問い合わせ受付)あり

ゆうちょPayでは、利用者向けに電話での問い合わせ窓口として、サポートデスクが用意されています。

コード決済・スマホ決済サービスでは、利用者からの問い合わせはアプリ内やウェブ上からの問い合わせのみとなっているケースが多いですが、ゆうちょPayではスマホ使用に不慣れな利用者層も多く見込まれるためか、電話による問い合わせが可能となっています。

電話番号が通話料無料のフリーダイヤルとなっており、土日祝も受け付けられています。

お問い合わせ先や、受付時間帯などは、ゆうちょPayサポートデスク(電話番号)でご確認ください。

ゆうちょPayが使えるお店

2019年5月8日から使える主なお店は以下の通りです。

ヤマダ電機、マツヤデンキ、ツクモ、ベスト電器、エディオン、100満ボルト、ケーズデンキ、ドラッグ・イン キムラヤ、ウエルシア薬局、HACドラッグ、ドラッグストア ダックス、ハッピー・ドラッグ など

また、今後は、松屋(牛めし店)、ミニストップ、東急ハンズ、ファーストキッチン・ウェンディーズ、はなまるうどん、東海キヨスク、サーティワンアイスクリームなどが、2019年度上期に導入予定となっています。
ポプラ・生活彩家などが2019年度下期に導入予定のほか、ビックカメラグループ(コジマ、ソフマップ含む)が導入に向け検討中とのことです。

現金500円プレゼントキャンペーン

ゆうちょPayのサービス開始に合わせて、先着100万人に現金500円がもらえる「ゆうちょPay デビューキャンペーン」が実施されます。

キャンペーン期間中に、ゆうちょPayのスマホアプリを新規にダウンロードして、口座登録までの設定を完了した方のうち、先着100万人を対象に、現金500円がプレゼントされます。
自動エントリーのキャンペーンなので、応募は不要です。

キャンペーン期間は、2019年5月8日~2019年9月30日(ただし、対象者が100万人に達し次第終了)

-ゆうちょPay(ゆうちょペイ)
-, , ,

© 2020 コード決済情報局 Powered by AFFINGER5