d払い(ディーばらい)

「d払い」が電子マネー「iD」決済に対応 ドコモのAndroidスマホ「dカードmini」が「d払い(iD)」に統合

「d払い」が電子マネー「iD」決済に対応へ

NTTドコモによるスマホ決済サービス「d払い」で、QRコード・バーコードを「見せる」「読み取る」ことによる決済方法(コード決済)に加えて、電子マネー「iD」による「かざす」ことによる決済(iD決済)が、段階的に追加されます。

d払いでの、電子マネー「iD」のよる決済(「d払い(iD)」)は、第1段階としてまずAndroid版から対応されます。2019年11月19日から、「dカードmini」が「d払い」に統合され、ドコモのAndroidスマホを利用している方が「d払い」において、電子マネー「iD」による決済が可能となります(電話料金合算払いのみ対応)。

「d払い(iD)」を利用するには、「iDアプリ」から別途申込・設定が必要です。すでに「dカードmini」を利用中の方は、引き続き「d払い(iD)」として利用できます。

第2段階には、「d払い」のウォレット残高によるiD決済が可能となり、ドコモ以外のスマホユーザーでも「d払い(iD)」が使えるようになります。また、iOSでも「d払い(iD)」が使えるようになります。

まとめ

・dカードの機能の一部として提供されていた「dカードmini」が、d払いの機能の一部としての「d払い(iD)」に統合(改称)されます。
※「dカードmini」は、ドコモのAndroidスマホユーザーが電話料金合算払いによりiD決済が使えるサービスです。

・2019年11月19日現在で「d払い(iD)」が使えるのは、ドコモのAndroidスマホユーザーのみ(電話料金合算払いのみ対応)。

・これまで「dカードmini」を利用していなかったユーザーが、あらたに「d払い(iD)」を利用する場合には、「iD」アプリから別途申込が必要。

・今後の予定として、「d払い」のウォレット残高によるiD決済に対応し、ドコモ以外のスマホユーザーでも「d払い(iD)」の利用が可能に。

・iOS(Apple Pay)での「d払い(iD)」も、今後対応予定。

-d払い(ディーばらい)
-

© 2020 コード決済情報局 Powered by AFFINGER5