メルペイ

メルペイ夏祭り!コンビニ・吉野家・マクドナルドで70%ポイント還元 ほかのお店でも50%還元 あと払い利用で 8月キャンペーン

メルペイ ニッポンの夏!最大70%ポイント還元!キャンペーン

メルカリアプリで使えるスマホ決済「メルペイ」で、あと払いによる支払い額の50%(コンビニ・吉野家・マクドナルドでは70%)がポイントで還元される大型キャンペーン「ニッポンの夏!最大70%ポイント還元!キャンペーン」が開催されます。メルペイの大型還元キャンペーンは、これで3回目となります。

キャンペーン期間は、2019年8月1日~2019年8月11日です。

今回のキャンペーンでは、前回と同じく、メルペイの「あと払いモード」での支払いが、ポイント還元の対象となります。メルペイ残高やポイントでの支払いは、ポイント還元の対象外となりますのでご注意ください。
※今回のキャンペーン期間中に初めて本人確認する方は、メルペイ残高(ポイントを使った支払いも含む)での支払いでもポイント還元の対象となります。

コンビニ・吉野家・マクドナルドでの支払い分は還元率が70%となりますので、キャンペーン期間中にこれらのお店で約2,143円(還元上限の1,500ポイントがもらえる支払い額)までメルペイを使うのが、一番お得になる使い方となります。

そのほかのお店でも50%還元となりますので、3,000円(還元上限の1,500ポイントがもらえる支払い額)までの支払いがお得になる計算となります。スーパーやドラッグストアなど、日常的に利用しているお店での支払いをメルペイで済ませることで、大きな還元を受けることができます。

また、今回のキャンペーンでは、これまでコード払いの大型還元キャンペーンの対象となることがなかったデイリーヤマザキ、吉野家、マクドナルドが対象に加わっており、しかも70%還元となるのが注目される点となっています。
吉野家では、牛丼並盛(通常税込380円)が、70%還元で実質114円となります。さらに、7月20日から9月1日20時までは小学生以下だと牛丼並盛などが190円引きとなり、70%還元だと実質57円となります。

キャンペーン概要

「ニッポンの夏!最大70%ポイント還元!キャンペーン」

キャンペーン期間:2019年8月1日0:00 ~ 2019年8月11日23:59

メルカリアプリ内で「お店でのあと払い設定」をして、キャンペーン期間中にメルペイあと払いで支払うと、支払いの翌日に支払い額の50%相当または70%相当がポイント還元されるキャンペーンです。
あと払いであれば、メルペイ(iD決済)、コード払いのいずれも還元対象となります。

ただし、キャンペーン期間中に初めて「本人確認」(銀行口座の登録、またはアプリでかんたん本人確認)をした方は、メルペイ残高払い(ポイントを使った支払いも含む)でもポイント還元の対象となります。

期間中のポイント還元上限は、合計1,500ポイントまでです。還元されるポイントの有効期限は、付与された日を含めて180日間です。

※18歳未満の方は「メルペイあと払い」を利用できないため、今回のキャンペーンに参加できません。
※メルカリでの購入、ネット決済、Suicaへのチャージは、キャンペーンの対象外です。

以下のお店での支払いは、70%相当が還元されます。
・セブン-イレブン
・ファミリーマート ※iDのみ
・ローソン(ナチュラルローソン・ローソンストア100を含む)
・ミニストップ
・ポプラ(生活彩家など含む) ※iDのみ
・デイリーヤマザキ ※iDのみ
・吉野家 ※iDのみ
・マクドナルド ※iDのみ
(このほかのお店では50%相当還元)

※「iDのみ」と記載してあるお店では、コード払いは使えません。記載のないお店では、コード払い・iDのいずれも使えます。
※吉野家のうち、以下の店舗での支払いは70%還元ではなく50%還元となります(施設側の決済に依存するため)。
羽田空港国際旅客ターミナル店、プリコ三宮店、福岡空港国際ターミナル店、イオンモール広島府中店、札幌駅APIA店、新千歳空港店、イオンタウン釜石店、イオンタウン仙台泉大沢店、成田国際空港第2本館店、成田国際空谷第2サテライト店、イオンモール川口前川店、イオンモール羽生店、イオン南風原CS店、イオン具志川店、イオンタウン宮古南店、ダイバーシティ東京プラザ店、JR清水駅店、JR静岡駅店
また、競馬場内などの吉野家など、メルペイ(iD・コード払いのいずれも)が利用できない店舗もあります(還元対象外)。

メルペイが使えるお店は?

今回のキャンペーンは、メルペイ(iD決済)・コード払いのいずれかが使えるお店であれば、すべての支払いが還元の対象となります。



iDで支払える場所は現在、全国に約94万か所もあり、幅広いお店などでメルペイが使えます。iD加盟店で使う場合は「iDで支払います」と伝えてからリーダーにタッチします。
ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ポプラ、生活彩家、マクドナルド、吉野家、イオン、ココカラファイン、プロント、ビックカメラ、プロント、モスバーガー、サンマルクカフェ、サンドラッグ、ロフト、しまむらなどのお店ほか、iDが使える自動販売機やタクシーなども対象です。※一部、メルペイ(iD決済)が使えない加盟店があります

メルペイ(iD決済)が使えるのは、iPhone 7以上、Apple Watch Series 2以上、おサイフケータイ対応のAndroid端末となります。それ以外のスマホでは、コード払いのみ利用できます。

メルペイのコード払いが使えるお店も拡大中で、セブン-イレブン、ローソン、ミニストップ、松屋(牛めし)、ウエルシア、マツモトキヨシ、スギ薬局、サンドラッグ、クスリのアオキなどで使うことができます。コード払いで支払う場合は、メルペイのコード画面を見せながら「メルペイで支払います」と伝えてください。

ポイント還元について

キャンペーン期間中に対象となる支払い方法で支払うと、支払いの翌日までに、支払い額の50%相当(コンビニ・吉野家・マクドナルドでの支払い分は70%相当)のポイントが還元されます。

ポイントの還元上限は、適用されるポイント還元率にかかわらず、期間中最大P1500(1,500ポイント)までです。
支払い額で言うと、還元率が全て50%だとすると3,000円まで、還元率が全て70%だとすると約2,143円までが、還元対象となる計算です。

還元されるポイントの有効期限は、付与された日を含めて180日間です。

還元されたポイント(P)は、P1=1円相当でメルカリでの購入やメルペイの支払いに使えます。メルペイあと払いの精算にも使うことができます。

マクドナルド・ミニストップのクーポンも配信中

メルペイでは、ミニストップのハロハロ果実氷白桃(通常320円)が140円で買えるクーポンが配信されています(8月4日まで有効)。これが70%還元になると、実質42円で買えることになり、9割近く安く購入できる計算になります。

メルペイ ミニストップのハロハロ果実氷白桃がクーポンで140円に 8月4日まで

また、マクドナルドのマックフロートやマックフィズ、グランクラブハウスセットなどが割引になるクーポンも配信されています。

メルカリアプリ内のメルペイで、配信されているクーポンをチェックしてみてください。

ポイントカードとの併用もOK

メルペイでの支払い時でも、Tポイント・dポイント・Pontaポイント・楽天ポイントなどのポイントカードを提示すれば、ポイントを貯められます。70%還元と合わせて、ポイントも貯められてさらにお得になります。

ローソンやマクドナルドで使えるdポイントカードでは、2019年8月1日~8月31日の期間、どこの加盟店でも3%分上乗せされるキャンペーンが開催されており、通常ポイントと合わせて約4%分のポイントがもらえます。

例えばローソンで100円の買い物をメルペイあと払いで支払い、dポイントカードも提示すると、メルペイで70円相当のポイントが還元され、dポイントは4ポイントもらえるので、実質26円で買い物ができる計算となります。

dポイントスーパーチャンス 街のお店で実質最大+3%上乗せ 8月1日~31日 要エントリー

吉野家ではTポイントカードが使えます。税込200円ごとに1ポイント貯まります。

マクドナルドでは、dポイントカード・楽天ポイントカードが使えます。いずれも税込100円ごとに1ポイント貯まります。新商品を含む購入で、ポイントが上乗せされるキャンペーンも実施されています。
マクドナルド ワイルドスパイシービーフ・マイルドカレーチキンを含む購入で、dポイント・楽天ポイント2%上乗せ

そのほか、ファミリーマートではTポイントカード、ミニストップではWAON POINTカード、セブン-イレブンではセブンマイルが貯まります。

コンビニではPayPayで最大20%還元

コンビニのセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ポプラでは、2019年8月1日~8月31日にPayPayのキャンペーンも開催されています。
※デイリーヤマザキではPayPayは使えません。

11時~14時の3時間に限り、PayPayで支払うと最大20%還元となるキャンペーンです。この時間帯に買い物するときにはPayPayを使い、メルペイのキャンペーンの枠を温存しておくのも手です。

8月のワクワクペイペイはPayPayランチ第2弾!飲食店・スーパーに加えて、コンビニでも最大20%還元

セブンネットショッピングの店頭払いにも

セブンネットショッピングで注文した商品をセブンイレブン店頭受け取る際に、メルペイのコード払い、電子マネー(iD)で支払うことが可能です。

この場合でも70%還元が適用されますので、雑誌や書籍、コミック、ゲームソフト、CDやブルーレイなどを購入するのに活用すると良いでしょう。
※メルペイの70%還元を受けるには、キャンペーン期間中に店頭で受け取る(支払う)必要があります。

※オムニ7の、セブンネットショッピング以外のショップ(イトーヨーカドーネット通販、セブンミールなど)では、セブン-イレブン店頭受け取りにしてもメルペイなどのコード払いは使えません。店頭受け取り時にメルペイが使えるのは、セブンネットショッピングでの注文のみとなりますのでご注意ください。

メルペイあと払いとは?

メルペイあと払いは、メルカリの購入代金やメルペイの決済代金を、翌月にまとめて支払うことができるサービスとなります。メルペイ残高が無くても、メルカリで購入したりメルペイで支払ったりできる、クレジットカードのようなサービスとなります。
※上限金額は、メルカリの利用実績などを元に、利用者ごとに決められます。

あと払い利用分の支払い方法は、メルペイ残高払い、コンビニ、銀行ATM(ペイジー)、口座振替となります。手数料が支払い時に300円かかります(メルペイ残高払いならば手数料は無料)。
※ひと月に決済を何度利用しても、利用した金額を翌月まとめて支払う際に手数料が300円かかるのみです。
※2019年7月支払い分(6月利用分)から、あと払い利用分を、メルペイ残高・売上金で精算できるようになりました。友達招待やキャンペーンでもらえるポイントも精算に充当できます。ただし、売上金で購入したポイントは清算には使えません。また、期限(翌月末)までに清算しなかった場合は、コンビニ・銀行ATM(ペイジー)のいずれかでしか清算できなくなります。

メルペイあと払いについてはこちら
「メルペイあと払い」後払い利用分の支払い方法・支払期限・手数料・メルカリ売上金精算

あと払い6月利用分の支払いをお忘れなく

メルペイあと払い利用分の清算は、利用月の翌月1日~末日に済ませる必要があります。

清算分の支払い期限が過ぎてしまうと、メルペイあと払いの利用が制限されたり、利用可能金額が下がってしまうことがあり、8月のキャンペーン期間にメルペイあと払いが利用できなくなってしまいます。必ず期限までに清算を済ませるようにしましょう。

6月14日~6月30日に開催された「日本全国まるっと半額還元!キャンペーン」で、メルペイあと払いを利用した方は、その利用分の清算期限が7月末までとなっています。8月になっても清算が済んでいないと、未清算分があるという通知が届くようになります。メルペイあと払いの利用も制限される場合がありますので、期限を過ぎてしまった場合も速やかに清算しましょう。

期限が過ぎてしまったあとの支払いには、手数料無料のメルペイ残高払いが使えず、コンビニ・銀行ATM(ペイジー)のいずれかでしか支払えなくなるため、手数料300円が必ず必要となります。

-メルペイ
-, , , ,

© 2020 コード決済情報局 Powered by AFFINGER5